'12年度 シラバス

平成24(2012)年度に開講を予定している授業科目の情報を見ることができます。
※詳細は募集案内をご覧ください。

科目番号【1201-00】

うらやす市民大学入門

コーディネーター
松崎 秀樹(浦安市長)
講義の概要
昨年の東日本大震災は浦安に甚大な被害をもたらしました。浦安の復興は、市民と行政がともに手を取り合い、協力して乗り越えてい くことが必要です。市の現状と課題、課題解決に向けての取り組み、また「協働」に必要とされるもの、協働によって何が変わるのかなど、協働の担い手としてご活躍いただくうらやす市民大学のすべての学生に受講していただきます。
日 程 内 容 担当講師
1 24612日(火)
13:00~15:00
浦安市のまちづくり
浦安市のまちづくりや市政運営、財政状況などの現状と課題、それらに対する市の取り組みを中心にお話しします。
場所文化会館小ホール
松崎 秀樹
(浦安市長)
2 15:30~17:00 「協働」をうらやすに活かす
「協働」とは何か。また、「協働」によって何が変わるのか。その必要性などについてお話しします。
場所文化会館小ホール
関谷 昇
(千葉大学法経学部准教授)
3 241111日(日)
13:00~14:30
浦安市の復興について
浦安市の復興の進捗状況や課題について、市民協働の視点からお話しします。
場所文化会館小ホール
石井 一郎
(浦安市副市長)
4 15:00~16:30 これから求められる市民力
「市民力」とは何か。市民の持つ感覚で地域課題を解決する「市民科学」についてお話しします。
場所文化会館小ホール
古在 豊樹
(うらやす市民大学学長/千葉大学名誉教授)
備考(ex.受講費用、必要備品など)
  • 科目の一部内容・スケジュール等は変更になる場合があります。

科目番号【1201-01】

世界とつながる('We are with you .')うらやすを創る
― グローカルな視点に根ざしたうらやすを築こう ―

コーディネーター
山内 久明(うらやす市民大学副学長/東京大学名誉教授)
講義の概要
この科目は開設以来、「うらやすから日本と世界を考える ─ ローカル、グローバル、グローカル」という全体テーマを掲げ、受講者の皆さまのご意向を勘案し、各回の個別テーマや担当講師を部分的に入れ替えながら内容を更新してまいりました。 この科目には、「ローカル」な場でいかに「グローバル」な視野を持って暮らすかという意図が込められています。市民大学が理念として掲げる「実践」や「協同」に直結することはたやすいとは言えませんが、「グローカル」な意識をつくりだす一助となることを目指します。2011 年私どもは、一方で「アラブの春」に端を発した民衆運動と政変、他方で東日本大震災と原発事故に伴う放射能被曝という歴史的大事件を経験しました。液状化被害の激しかった地元浦安も対応に直面させられてきました。そのような状況に即して、市民大学でもカリキュラム委員会の提案により開講科目名が改名されるとともに、内容にも配慮が施されました。 この科目においては、世界のさまざまな地域や国際関係の専門家を講師としてお願いして充実を図りました。2012 年度も2011年度の基本的枠組みを踏襲しつつ部分的入れ替えを行い、2011年度には含まれていなかった地域とテーマを新たに加えた科目編成に、学生委員との話し合いで得た示唆も取り入れました。新旧の受講者が等しく歓迎されます。

定員:40

日 程 内 容 担当講師
1 241116日(金)
15:00~16:30
浦安のあゆみ ~漁師町時代をさかのぼって~
漁師町から昭和46年の漁業権全面放棄を経て、浦安はこの半世紀の間に、急激な変貌を遂げ、発展してきました。この浦安の変遷を、ある漁業者の語りから再構成してみます。また昭和30 年代の映像も解説入りで鑑賞し、変遷を検証してみます。
場所郷土博物館
浦安市郷土博物館学芸員
2 241130日(金)
15:00~16:30
地域と多文化共生
多くの自治体で多文化共生への取り組みが実施されています。地理的条件や地域の特性などでその取り組みも様々です。今回の講演が"気づき" の一助になれば幸いです。
公益社団法人 青年海外協力協会
3 24127日(金)
15:00~16:30
グローバル化と固有文化
米国は合衆国であり、移民国家です。グローバル化を唱えるアメリカは、固有文化をどのように考えているのでしょう。異文化、異民族を抱える米国、199 カ国が加盟する国連を有するニューヨーク。米国、NY のアート・文化行政におけるグローバリズムを考え、うらやす市の将来を考えてみたいと思います。
高田 壽八郎
(了徳寺大学教授)
4 241214日(金)
15:00~16:30
内向きと外向き ─ グローバル化時代の言語・教育・文化
若者の「内向き」がしばしば話題にされます。大学を「秋入学」にすれば解決するほど単純ではないはずです。問題の所在を堀り下げてみたいと思います。
山内 久明
(東京大学名誉教授)
5 241221日(金)
15:00~16:30
バチカンの多相性
カトリックの総本山でありながら、国家の顔など、多くの「顔」を併せ持つバチカン。2千年の歴史を生き延び、世界中に根を張るに至った背景を探るとともに、意外と日本人に馴染めそうなバチカンの特質につき説明します。
上野 景文
(前駐バチカン大使/杏林大学客員教授)
6 25111日(金)
15:00~16:30
バチカンから見た世界
バチカンから、宗教を軸に西欧、東欧、イスラム圏、米国などを眺めると、日本から見るのとは違った「景色」が見えます。そこで、バチカンから見える「景色」を概述します。
上野 景文
(前駐バチカン大使/杏林大学客員教授)
7 25118日(金)
15:00~16:30
インドの「食」と世界
近現代インドにおける「食」のあり方や、「食」をめぐる議論には、インド社会の多様性や、インドと世界とのつながりがさまざまなかたちで反映されている。ここでは「食」というテーマを通じて、インド社会への理解を深めるとともに、その歴史的変化をグローバルな視点から考察したいと思います。
井坂 理穂
(東京大学准教授)
8 25125日(金)
15:00~16:30
日本のODA と発展途上地域
最近、日本人が経済停滞や震災で苦しんでいる時になぜ外国に対する援助が必要なのかという意見が聞かれますが、この授業では、日本と途上国が様々な側面で繋がっており、日本の政治的/ 経済的安定が、途上国の発展なしには達成できないことを明らかにしたいと思います。また日本が実際にどのような活動を途上国で行っているかにも触れたいと思います。
恒川 惠市
(東京大学名誉教授/政策大学院大学教授/JICA 研究所初代所長)
9

2521日(金)
15:00~16:30

欧州統合の軌跡と現状
1950年代に欧州統合が具体的な歩みを始めてから半世紀以上が経過し、世界史においてそれがもつ新たな意味が明らかになってくると共に、この企てがはらむさまざまな問題点も浮上してきました。この講義では、最近のユーロ危機をふまえつつ、欧州統合の達成点と課題を論じてみたいと思います。
木畑 洋一
(東京大学名誉教授/成城大学教授)
10 2528日(金)
15:00~16:30
まとめ ─ うらやす、日本、世界
内から外を眺め、外から内を眺めると何が見えてくるでしょうか。全講義を通じて脈絡を整理し、問題の再認識を行います。最終回にあたり、双方向討議の場を設けます。
山内 久明
(東京大学名誉教授)
備考(ex.受講費用、必要備品など)
  • 市民大学における「双方向授業」の観点から、毎回質疑応答の時間を設けますが、受講者の発言機会のために、第4回と第10回は時間延長する予定です。
  • 科目の一部内容・スケジュール等は変更になる場合があります。

科目番号【1201-02】

うらやす市民を守る経済と投資の基礎

コーディネーター
西川 靖志(日経CNBC 経済解説委員長)
講義の概要
経済学を知っていれば、お金持ちにはなりませんが、損をしないようになります。先行き不透明感の強い日本と世界の政治・経済の最新の動きとマーケット動向を解説します。「どうすれば資産を守り、日本を守れるのか?」みんなで考えていきましょう。質問、意見発表は大歓迎です。毎回、株価などのデータを分析するテクニカル分析をやさしく解説します。

定員:40

日 程 内 容 担当講師
1 241110日(土)
15:00~16:30
「すべては市場に任せよ」
~新古典派+最新の経済情報+テクニカル分析①
西川 靖志
(日経CNBC 経済解説委員長)
2 241117日(土)
15:00~16:30
「政府の介入が必要」
~ケインズ学派+経済情報+テクニカル分析②
西川 靖志
(日経CNBC 経済解説委員長)
3 24121日(土)
15:00~16:30
「インフレとデフレの経済①」
~日本の失われた20 年+経済情報+テクニカル分析③
西川 靖志
(日経CNBC 経済解説委員長)
4 24128日(土)
15:00~16:30
「デフレの経済②」
~脱却の手段は尽くした?+経済情報+テクニカル分析④
西川 靖志
(日経CNBC 経済解説委員長)
5 241215日(土)
15:00~16:30
「少子高齢化の大波」
~日本は衰退するしかない+経済情報+テクニカル分析⑤
西川 靖志
(日経CNBC 経済解説委員長)
6 241222日(土)
15:00~16:30
「直接税と間接税」
~消費増税は正しいのか+経済情報+テクニカル分析⑥
西川 靖志
(日経CNBC 経済解説委員長)
7 25112日(土)
15:00~16:30
「新興国がエンジンに」
~中国、インド、インドネシア、ブラジルの経済分析+経済情報+テクニカル分析⑦
西川 靖志
(日経CNBC 経済解説委員長)
8 25119日(土)
15:00~16:30
「アニマルスピリットの衰退」
~日本の起業家はなぜ絶滅したのか+経済情報+テクニカル分析⑧
西川 靖志
(日経CNBC 経済解説委員長)
9 25126日(土)
15:00~16:30
「論文を書いてみましょう」
+経済情報+テクニカル分析⑨
西川 靖志
(日経CNBC 経済解説委員長)
10 2529日(土)
15:00~16:30
論文から議論~日本再生の条件は?
サンデル教授の白熱授業のウソ
西川 靖志
(日経CNBC 経済解説委員長)
備考(ex.受講費用、必要備品など)
  • 科目の一部内容・スケジュール等は変更になる場合があります。

科目番号【1201-03】

うらやすの歴史未来学を学ぶⅠ-基礎編

コーディネーター
岩下 哲典(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)
講義の概要
本授業は、浦安の歴史と未来を学ぶための基礎として、日本の近現代を概括的に学習するものです。ただし、講義では、特に当時の史料を用いて、史料の講読と解釈を行います。なぜか。歴史を学ぶためには史料によるのが実は一番近道だからです。急がば回れ、一見迂遠なようですが、史料を読むのが一番大切なことを最後には理解していただけると思います。受講生の皆様の積極的な参加を期待します。

定員:40

日 程 内 容 担当講師
1 24622日(金)
10:00~11:30
ガイダンス
(講師およびメンバー自己紹介、授業の進め方、テキストなどの説明)
岩下 哲典
(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)
2 2476日(金)
10:00~11:30
近世史研究①
幕府と藩の政治とのしくみ 将軍と大名の関係・大名の種類・幕府と藩の統治機構・文書管理
岩下 哲典
(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)
3 24720日(金)
10:00~11:30
近世史研究②
近世の関東ー豪農・新田開発・水運、豪農とは何か、新田開発はどのように行われたのか、陸運と水運 の違いと利用のされ方など
岩下 哲典
(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)
4 2483日(金)
10:00~11:30
幕末史研究
なぜ幕府は滅んだのか 外圧と攘夷、国内的要因、薩長史観の克服
岩下 哲典
(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)
5 24817日(金)
10:00~11:30
明治政治史研究 明治政府の仕組みと課題
王政復古から廃藩置県へ
岩下 哲典
(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)
6 24831日(金)
10:00~11:30
明治経済史研究 国際経済と明治政府
新政府の財政、松方デフレ、地租改正
岩下 哲典
(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)
7 24914日(金)
10:00~11:30
日清戦争史研究
なぜ戦争になったのか 結果はどうなったか 日清戦争とはなんだったのか
岩下 哲典
(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)
8 24928日(金)
10:00~11:30
日露戦争史研究
なぜ戦争になったのか 結果はどうなったか 日露戦争とはなんだったのか
岩下 哲典
(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)
9 241012日(金)
10:00~11:30
日中戦争・太平洋戦争史研究
なぜ戦争になったのか 結果はどうなったか 日中戦争・太平洋戦争とはなんだったのか
岩下 哲典
(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)
10 241026日(金)
10:00~11:30
まとめ 江戸から近代へ、そして現代へ
日本と日本人はどのように生きてきたのか
岩下 哲典
(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)
備考(ex.受講費用、必要備品など)
  • 日本地図や国語辞典などがあると便利です。
  • 科目の一部内容・スケジュール等は変更になる場合があります。

科目番号【1201-04】

うらやすの歴史未来学を学ぶⅡ-応用編

コーディネーター
岩下 哲典(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)
講義の概要
本授業では、本格的に浦安の歴史と未来を学びます。基礎編で培った知識や思考を縦横に駆使して、活発な質疑応答と討議を期待します。それらの中から浦安の未来が見えてきたら成功です。成功するためには全員の能動的な協働が必要です。

定員:40

日 程 内 容 担当講師
1 241116日(金)
10:00~11:30
ガイダンス
(講師およびメンバー自己紹介、授業の進め方、テキストなどの説明)
岩下 哲典
(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)
2 241130日(金)
10:00~11:30
【講義】【質疑応答】政治①
近世から近代の関東の水運と浦安
招聘講師:浦安市郷土博物館学芸員
岩下 哲典
(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)(司会)
3 24127日(金)
10:00~11:30
【全員討議】政治②
同上テーマで全員討議
招聘講師:浦安市郷土博物館学芸員
岩下 哲典
(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)(司会)
4 241214日(金)
10:00~11:30
【講義】【質疑応答】文化①
御雇外国人リンドと浦安
岩下 哲典
(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)(司会)(司会は受講者の中から選出、毎回受講者の方に依頼)
5 241221日(金)
10:00~11:30
【全員討議】文化②
同上テーマで全員討議
岩下 哲典
(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)(司会は受講者)
6 2521日(金)
10:00~11:30
【講義】【質疑応答】経済①
明治期の経済変動と浦安
招聘講師:浦安市文化財審議委員 吉田 敦 氏(明海大学経済学部講師)
岩下 哲典
(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)(司会は受講者)
7 2528日(金)
10:00~11:30
【全員討議】経済②
同上テーマで全員討議
招聘講師:浦安市文化財審議委員 吉田 敦 氏(明海大学経済学部講師)
岩下 哲典
(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)(司会は受講者)
8 2531日(金)
10:00~11:30
【講義】【質疑応答】社会①
浦安の日露戦争関係史跡から読み取れること
岩下 哲典
(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)(司会は受講者)
9 2538日(金)
10:00~11:30
【全員討議】社会②
同上テーマで全員討議
岩下 哲典
(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)(司会は受講者)
10 25322日(金)
10:00~11:30
【講義】【質疑応答】【全員討議】市民講師が語る浦安の歴史
講師:有志市民(テーマは応相談、公開可能な場合は、特別公開講座を開催予定)
岩下 哲典
(明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授)(司会は受講者)
備考(ex.受講費用、必要備品など)
  • 日本地図や国語辞典などがあると便利です。
  • 科目の一部内容・スケジュール等は変更になる場合があります。

科目番号【1201-05】

うらやすから考える健康づくり

コーディネーター
伊藤 晴夫(千葉大学名誉教授/NPO 千葉健康づくり研究ネットワーク理事長)
講義の概要
近年、医学の進歩や環境の変化などにより疾病構造は大きく変化しました。特に増加したのは、いわゆる生活習慣病といわれる疾患群です。これには、がんも含まれます。これらの疾患には文字通り生活習慣が影響を与えます。従って個人一人一人が自分の健康を守ることが重要になってきます。

定員:40

日 程 内 容 担当講師
1 241124日(土)
10:00~11:30
疾病および死因の変遷
医学の進歩や環境の変化により疾病構造は変わってきました。死因にも大きな変化が見られます。これらについて考えたいと思います。
伊藤 晴夫
(千葉大学名誉教授/NPO千葉健康づくり研究ネットワーク理事長)
2 24121日(土)
10:00~11:30
生活習慣病とは
生活習慣病という疾患概念はいつごろからどのようにでき上ったのだろうか?それぞれの疾患についてその本態について学びます。
三木 隆司
(千葉大学教授)
3 24128日(土)
10:00~11:30
うつ病と認知行動療法
うつ病などの心の健康問題を抱える患者数が年々増加しています。うつ病の「認知行動療法」は薬物療法に勝るとも劣らぬ効果を有しています。
清水 栄司
(千葉大学教授/子どものこころの発達研究センター長)
4 241215日(土)
10:00~11:30
糖尿病治療の現状
生活習慣病の中でも特に生活習慣との関わりが強い糖尿病に対して、現在どのような治療が行われているのであろうか。
三木 隆司
(千葉大学教授)
5 241222日(土)
10:00~11:30
日周リズムと健康
私たちの体のほぼ全ての働きには日周リズムが見られます。これと上手に付き合う事が健康の秘訣と言えます。
瀧口 正樹
(千葉大学教授)
6 25112日(土)
10:00~11:30
性感染/HPV ワクチンと学校での健康教育を考える
HPVワクチンは小学生高学年から中学生にかけての接種が推奨され、子ども達・保護者にとってはじめて性感染を身近に感じるテーマです。性感染を情緒的・感情的にとらえるのではなく、子ども達の将来の健康問題として科学的に考える必要性があると思われます。
佐藤 武幸
(千葉大学感染症管理治療部長)
7 25119日(土)
10:00~11:30
認知症の予防
認知症は人口の高齢化が進むにつれて著増しています。発症のメカニズムと予防法について述べます。
伊藤 晴夫
(千葉大学名誉教授/NPO千葉健康づくり研究ネットワーク理事長)
8 25126日(土)
10:00~11:30
水から学ぶ健康の泉
私たちの体重量の半分以上を占める水。その水の供給源の環境と、日々飲用している水道水やペットボトル水に関する研究成果に基づく種々の情報をお伝えします。その上で健康長寿法を考えてみましょう。
鈴木 信夫
(千葉大学名誉教授)
9 2522日(土)
10:00~11:30
下部尿路症状ならびに前立腺がん
加齢により増加する下部尿路症状は生活の質を悪化させます。前立腺がんは、最近増加し続けています。これらについて解説します。
伊藤 晴夫
(千葉大学名誉教授/NPO千葉健康づくり研究ネットワーク理事長)
10 2529日(土)
10:00~11:30
遺伝因子と環境因子 ― がんにおける環境因子の重要性
多くの生活習慣病(癌を含む)においては遺伝因子よりも環境因子がより重要であります。主にがんと環境の関連について説明します。
伊藤 晴夫
(千葉大学名誉教授/NPO千葉健康づくり研究ネットワーク理事長)
備考(ex.受講費用、必要備品など)
  • 科目の一部内容・スケジュール等は変更になる場合があります。

科目番号【1201-06】

うらやすに住むことが楽しいライフデザインを描く
― 一人ひとりが主人公になれるまちを築こう ―

コーディネーター
古在 豊樹(うらやす市民大学学長/千葉大学名誉教授/千葉大学環境健康フィールド科学センター客員教授)
講義の概要
私たちは、生きがいのある人生を送りたい、多少の苦労はあっても、自分の個性を活かして、家族・友人・高齢者・次世代を担う方々や社会に役立ちたい、と願っていることが多いと思います。他方、人生の希望や夢は必ずしも叶いません。他の人たちはどのような人生設計(ライフデザイン)や経験をして、どのような気持ちで毎日を過ごしているのでしょうか。何に悩み、どのような挫折をして、どのような挑戦をしてきたのでしょうか。多種多様な人生を送ってきた人、自分と年代が異なる人の話に耳を傾け、意見交換をして、心・環境・共生・多様性の時代における自分のライフデザインを考えて見ましょう。

定員:40

日 程 内 容 担当講師
1 24619日(火)
10:00~11:30
授業科目「ライフデザイン」開講の目的をお話しします。また、自身の人生がデザインとかけ離れ、それにいかに受け止めて、対処したかをお話しします。 古在 豊樹
(千葉大学名誉教授)
2 2473日(火)
10:00~11:30
「地域との共生」を2nd ライフの目標にうらやす市民大学に通い、大学運営や学生会設立等にも積極的に参加してきた。今や多くの仲間と出会い、忙しくも充実した日々を送っていることを事例としてお話します。 山本 剛
(うらやす市民大学学生会代表)
3 24717日(火)
10:00~11:30
就職活動を辞め、地域密着のNPOを在学中に立ち上げ、就職ではなく組織を実現させ9年目。地域に愛着をもてるようになる取り組みとは何でしょうか。 虎岩 雅明
(株式会社トライワープ 代表取締役)
4 24731日(火)
10:00~11:30
受講者による中間まとめと意見交換を行います。 古在 豊樹
(千葉大学名誉教授)
5 24821日(火)
10:00~11:30
レジャーの本質は何なのか?人生における文化・芸術の意味は何かについてお話しします。 松田 義幸
(尚美学園大学学長)
6 2494日(火)
10:00~11:30
退職して地域に戻った会社人間が仲間を作り健康で社会との繋がりを求めて設立した市民団体の最近までの活動事例を紹介します。 團 彦太郎
(市民団体「AA ネット浦安」(アクテイブ・エイジング・ネット))
7 24918日(火)
10:00~11:30
ガールスカウト活動から得た「社会に役立つ人を育てる」をきっかけに浦安の水辺環境を守る活動に至った経緯や、活動に関わる団体の仲間との交流を紹介します。 横山 清美(浦安水辺の会事務局長)
8 24102日(火)
10:00~11:30
家族の看取りの体験から「自分らしく最後まで生きたい、暮らしたい」を掲げ、県との協働、国を動かす 一員に。何がそうさせているのか。ピュアが目指すものとは何かについてお話しします。 藤田 敦子
(NPO 法人千葉・在宅ケア市民ネットワークピュア代表)
9 241016日(火)
10:00~11:30
NPO「カフェ・バルコニーの家」とは何か?なぜ、NPOを立ち上げ、何をしてきて、何をしようとしているのか?何に支えられているのかについてお話しします。 藪下 敦子
(NPO カフェ・バルコニーの家理事長)
10 241023日(火)
10:00~11:30
【総括】
受講者の感想とライフデザインを聞き、次いで意見交換します。
古在 豊樹
(千葉大学名誉教授)
備考(ex.受講費用、必要備品など)
  • 当授業科目を初めて受講する者優先
  • 科目の一部内容・スケジュール等は変更になる場合があります。

科目番号【1201-07】

うらやすの健やかな子育てを考え行動する
― うらやすの未来に向けて子育て文化を築こう ―

コーディネーター
佐谷 和江(江戸川総合人生大学学科長/計画技術研究所 代表取締役)
講義の概要
子育ては大変な面もありますが、ライフスタイルを見直すいい機会でもあります。世界各地の子育てや、様々な考え方・経験に基づいた子育てを知り、子どもへの接し方や日々の暮らし方を見直してみませんか?また、グループワークを随時取り入れ、仲間づくりのきっかけもつくりたいと思います。

定員:15

日 程 内 容 担当講師
1 24620日(水)
10:00~11:30
お互いを知ろう!
講座の目的や進め方の紹介をするとともに、参加者の自己紹介と関係づくりを行います。
佐谷 和江
(江戸川総合人生大学学科長/計画技術研究所 代表)
2 2474日(水)
10:00~11:30
子どもとのコミュニケーションがわからない!?
発達心理の側面から子どもを理解するとともに、親としてのあるべき行動を考えます。
細川 直人
(臨床心理士/しゃんぐりらこども家庭支援センター)
3 24718日(水)
10:00~11:30
イタリアでのアートでの子育て
アートの創造的経験によって子どもの可能性を最大限に引き出している北イタリアの小さな街での取り組みを伺い、子どもや子育ての多様性について検討します。
石井 希代子
4 2495日(水)
10:00~11:30
ドイツでの子どもによるまち運営
子どもたちがまちを運営するミニ・ミュンヘンや日本での同様の取り組みを伺い、子どもの自主性について検討します。
内藤 裕子
(まちとこどもの環境研究所)
5 24919日(水)
10:00~11:30
うらやすでの子育て事情を知ろう!
市内でつどいの広場や子育てサロン等を運営している方に行政や民間によるサービス・取り組みを伺うともに、どんな子育てをしていきたいか、可能なのか考えてみます。
中島 純子
(NPO 法人i-ne)
6 241010日(水)
10:00~11:30
外遊びでノビノビ子育て!
子どもにとっての「遊び」や「外遊び」の意義を理解するとともに、遊べる環境をつくっていくか考えます。
首藤 万千子
(NPO 法人プレーパークせたがや)
7 2410月中旬
(土・日を予定)
プレーパークで遊んでみよう!
浦安プレーパークの会が開催するプレーパークに参加し、外遊びを体験します。家族全員での参加も歓迎します。
横山 小夜子
(浦安プレーパークの会)
8 24117日(水)
10:00~11:30
こどもたちと食と農を考えよう!
赤羽にて「赤ちゃん八百屋」と「食育ひろば」の2ヶ所を運営している「ほっと村」の方に取り組みを伺うとともに、食や農について意見交換します。
ほっと村
9 241121日(水)
10:00~11:30
子育て中も考えたい自分のこと ─ 起業ってどうやるの?
子育て中の悩みや経験を活かした起業を支援している方にお話を聞くとともに、グループワークでお互いの感想等を共有します。
ままの*えん
10 24125日(水)
10:00~11:30
今までとどこが違う? 変化を表現してみよう!
9回の授業を振り返って子育てやライフスタイルについての思いの変化を表現してみます。
佐谷 和江
(江戸川総合人生大学学科長/計画技術研究所 代表)
備考(ex.受講費用、必要備品など)
  • 1歳以上の保育あり(10名まで)
  • 科目の一部内容・スケジュール等は変更になる場合があります。

科目番号【1201-08】

うらやすの学校を地域ぐるみで支える
― 学校支援ボランティアとして学校現場に地域が協力して関わるには ―

コーディネーター
大橋 龍司(GCDF(米国CCE.inc 認定)キャリアカウンセラー/キャリア教育コーディネーター)
講義の概要
子どもたちを取り巻く環境が大きく変わっていることに伴い、学校教育が、「学校・家庭・地域・行政」が連携して進めていく「学校づくり」が重要になっています。それを実現するため、学校支援ボランティアを核とした様々な教育(地域)資源との連携について理解し、また学校教育に関する基礎知識や、支援のあり方などを学んでいきます。

定員:25

日 程 内 容 担当講師
1 241113日(火)
15:00~16:30
【オリエンテーション】
初回にあたり、この科目を構想しどのような意図を持って各回テーマと講師を選んでシラバスを編成したか、その課程と目的を共有します。学生同士で講座に参加した想いを共有します。
大橋 龍司
(GCDF キャリアカウンセラー/キャリア教育コーディネーター)
2 241120日(火)
15:00~16:30
【教育周辺を知る- 1】
教育に関する基礎知識を楽しく学び、現状学校教育にかかわる法律、地域の教育資源には何があるかを学びます。
大関 健道
(科学技術振興機構)
3 241127日(火)
15:00~16:30
【教育周辺を知る- 2】
地域コミュニティ、NPO 様々な外部人材が学校教育に関わってきています。将来の地域人・職業人・社会人を育てるための「キャリア教育」について学びます。
清水 隆彦
(全国中学校進路指導連絡協議会会長/荒川区諏訪台中学校長)
4 24124日(火)
15:00~16:30
【教育周辺を知る- 3】
「浦安市教育委員会」教育施策及び浦安市における学校と地域との連携に関する今後の方向性について理解します。学校の1日の流れなど学校に関する基本的な実情を学びます。
浦安市教育委員会教育政策課
5 241211日(火)
15:00~16:30
【教育現場を知る- 1(小・中学校)】
「子どもを知る」ことを念頭にして、児童・生徒の発達段階におけるそれぞれの課題点を学びます。
丸山 和義
(NPO 法人キャリア起業家教育学会)
6 25122日(火)
15:00~16:30
【これからを知る- 1】
今までの地域での取り組み&キャリア教育と今後、必要とされる地域ボランティアとキャリア教育の取組みについて学びます。
生重 幸恵
(キャリア教育コーディネーターネットワーク協議会理事長)
7 25129日(火)
15:00~16:30
【これからを知る- 2】
「学校支援ボランティア」の背景や現状の役割、学校支援コーディネーターの役割や、学校とボランティアをめぐる10の課題を学びます。
大橋 龍司
(GCDF キャリアカウンセラー/キャリア教育コーディネーター)
8 2525日(火)
15:00~16:30
【これからを知る- 3】
「学校支援ボランティア、地域支援コーディネーターの事例」を紹介して、幅広い発想や知識の習得をして浦安市ならではの地域特性を再認識します。
浦安市教育委員会教育政策課
9 25212日(火)
15:00~16:30
【これから動くには- 1】
浦安市内の学校と地域教育資源(例:博物館、公民館等)の活動内容を直接見学して学びます。(親と子、先生と子の縦の関係と、友達の横の関係だけになりがちなカタチを修正して、地域人とナナメの関係を築きあげることの大切さを学びます。)
大橋 龍司
(GCDF キャリアカウンセラー/キャリア教育コーディネーター)
10 25219日(火)
15:00~16:30
【これから動くには- 2】
グループワークとして、ボランティアプランの企画立案をして学内にてプレゼンテーションを行います。
大橋 龍司
(GCDF キャリアカウンセラー/キャリア教育コーディネーター)
11 25226日(火)
15:00~16:30
【これから動くには- 3 & まとめ】
グループワークとして、ボランティアプランの企画立案をして学内にてプレゼンを実施します。全体の授業を振り返って学校支援ボランティアについての思いを共有します。
大橋 龍司
(GCDF キャリアカウンセラー/キャリア教育コーディネーター)
備考(ex.受講費用、必要備品など)
  • 第9回は、校外学習を予定しています。(学校・施設の都合により、日程変更の可能性あり)
  • 科目の一部内容・スケジュール等は変更になる場合があります。

科目番号【1201-09】

学生企画「うらやすの明日」を元町から考える

コーディネーター
繁治 寿(都市開発プランナー/建築家/元市民会議街づくり分科会リーダー)
講義の概要
奇しくも新町の「最後のマンション」の完成に合せるかのように、東日本大震災が発生。中・新町の開発によって「高質の住宅都市」に生まれ変わった浦安ですが、震災被害によって住宅都市としての浦安ブランドは大きく低下したといわれています。膨大な復興資金が必要な市財政への影響も懸念される。浦安に必要なのは新たな元気を吹き込むことです。2度目の再出発のエンジンとして「若者の街に変身した元町」に着目したいと思います。コンパクトシティながら様相が大きく異なるまちづくりをおこなってきた中・新町と元町の2つの地域。震災後の復興まちづくりは、「2つの地域の力をあわせた元町の新しい展開」で、浦安の新たな変化を生み出すことを目指します。
元町の街力(まちちから)を再点検し、市民の立場から議論を重ねることで、元町だけでなく、中・新町を含めて浦安全体が将来目指す姿を描き出すことを試みます。

定員:25

日 程 内 容 担当講師
1 24619日(火)
15:00~16:30
まちづくりは「個性づくり」 <考え方>
これからの浦安に求められる「まちづくり」とは まちづくりとは何を考えることなのか。他地域の事例を通して考えます。
繁治 寿
(都市開発プランナー/建築家/元市民会議街づくり分科会リーダー)
2 24626日(火)
13:00~14:30
元町のまちづくり計画を知る <現状認識①>
現在元町で進行している、都市整備事業の内容を学びます。(中通り整備計画、浦安駅周辺整備計画他)
浦安市都市整備部
3 24710日(火)
15:00~16:30
元町の真の姿を探る <現状認識②>
元町は「漁師の町」「古い街」と言われるが、果たして、本当の姿はそうなのかを学びます。
繁治 寿
(都市開発プランナー/建築家/元市民会議街づくり分科会リーダー)
4 24724日(火)
15:00~16:30
元町の「タウンスタイル」を描く <目標設定>
いまキーワードは「お気に入りの街に住む」「コミュニティリビング」元町はどんな街を目指すのがよいか、そのためには何が必要かを考ます。
繁治 寿
(都市開発プランナー/建築家/元市民会議街づくり分科会リーダー)
5 2494日(火)
15:00~16:30
元町の商業を考える <考察と計画②>
生活の楽しさ、街の賑わい・魅力は商店街が創る。元町の住民が望む浦安駅周辺の商店街の姿、魅力づくりを考えます。
繁治 寿
(都市開発プランナー/建築家/元市民会議街づくり分科会リーダー)
6 24918日(火)
15:00~16:30
【見学会】街を学ぶ <事例研究>
元気な街を見学し、元町まちづくりのヒントを探ります。(下北沢、三軒茶屋、経堂ほか)
繁治 寿
(都市開発プランナー/建築家/元市民会議街づくり分科会リーダー)
7 24925日(火)
15:00~16:30
元町の生活を考える <考察と計画③>
生活をささえる買い物、医療、子育てについての元町の現状と望ましい姿を考えます。
繁治 寿
(都市開発プランナー/建築家/元市民会議街づくり分科会リーダー)
8 24102日(火)
15:00~16:30
【見学会】元町でスモールビジネスを考える <事例研究>
街の生活を豊かにするコミュニティビジネスや住民力を生かしたスモールビジネスの可能性や育てるしくみを先例に学びます。
(ちよだプラットフォームスクエアなど)
繁治 寿
(都市開発プランナー/建築家/元市民会議街づくり分科会リーダー)
9 24109日(火)
15:00~16:30
元町から中・新町へ <まちづくり戦略>
元町の試みを、新町に残る「誘致施設用地」の活用、新浦安の 商業の魅力づくりに広げて考えます。
繁治 寿
(都市開発プランナー/建築家/元市民会議街づくり分科会リーダー)
10 241030日(火)
15:00~16:30
まちづくりの進め方 <方法論とまとめ>
市内各地域の連携や、住民の意思の図り方など、今後の、まちづくりの進め方や市民の関わり方について考えます。
繁治 寿
(都市開発プランナー/建築家/元市民会議街づくり分科会リーダー)
備考(ex.受講費用、必要備品など)
  • 6、8回目の見学会の日程は都合で変更されることがあります。
  • 見学会の他に、講義で取り上げる街のリストを配布します。事前に見ておくことを推奨します。
  • 最終回までに、元町および浦安のまちづくりについて各自の意見を小レポートで提出していただく予定です。
  • 科目の一部内容・スケジュール等は変更になる場合があります。

科目番号【1201-10】

「里海シティうらやす」を創る
─ 夢・目標・考えを見える形にしよう Visualization of Dream on SATOUMI City URAYASU ─

コーディネーター
宮崎 清(うらやす市民大学副学長/千葉大学名誉教授/放送大学特任教授・千葉学習センター所長)
講義の概要
この講座の基本的コンセプトは、「ないない尽くし」から「ありあり尽くし」へです。私たちが生活している地域の宝物・資源を再発見し、それを光として磨き上げ、「住んでよし訪れてよし」の地域づくりを目指す講座です。次の3点を特色としています。
①講師による話題提供・問題提起を受け、受講生自らが感動力・創造力・挑戦力・遂行力などさまざまな力を総動員して、「里海シティうらやす」のイメージ・夢を構想・構築していきます。
②潜在的なさまざまなうらやすの資源・光、とりわけ海・川・水辺などの価値の再発見、その共有・継承と創造的展開を図りながら、「里海シティうらやす」の具体的な姿を可能な限り可視化します。
③常にうらやすのフィールドに足場を据え、五感を総動員しながら想い・構想を巡らし、将来に伝えていく「里海シティうらやす」の「光」「ブランド」をさまざまな角度から描きます。
この講座は、「里海シティうらやす」の観点から、うらやすブランドの再構築を目指すプロジェクトです。授業は、ワークショップ形式で行います。なお、この授業によって構想される「里海シティうらやす」の具体的姿を、別途日時を設定し、広く市民に向けて発表する機会を設けます。

定員:25

日 程 内 容 担当講師
1 24623日(土)
13:00~14:30
【講義1】地域づくりの基本とは
うらやすブランドの再構築につながる「里海」の概念、「里海シティうらやす」の今日的意義について、地域づくりの基本とは何かの考えを織り交ぜながらお話し、討議します。
宮崎 清
(千葉大学名誉教授)
うらやすの里海シティを創る会
2 15:00~16:30 【演習1】「'10 '11 里海講座」受講生による成果紹介
「'10 '11 里海講座」受講生が描いた夢・目標を紹介していただき、「里海シティうらやす」の多面的課題について全員で討議します。
宮崎 清
(千葉大学名誉教授)
うらやすの里海シティを創る会
3 2477日(土)
13:00~14:30
【講義2】今日のうらやすができるまでの歴史的回顧
埋め立て事業が始められた背景とその後のうらやすの発展・展開過程について、具体的資料に基づきながらお話しいただき、討議します。
醍醐 唯史
4 15:00~16:30 【講義3】3・11 後の浦安の復興検討委員会の活動
その経過と特徴。特に浦安の海・川・河水辺の資源(光)を活用した復興計画についてお話しいただき、討議します。
浦安市企画政策課
5 24915日(土)
13:00~14:30
【講義4】「浦安海辺の会」のこれまでの活動と展望
浦安の海辺を活動拠点とした市民活動団体の夢、「里海シティうらやす」の構築に向けての三番瀬の役割とこれからの活用ビジョンなどについてお話しいただき、討議します。
横山 清美
(浦安水辺の会事務局長)
6 15:00~16:30 【演習2】「里海シティうらやす」の海上からの再発見
Uボートに受講生と講師とが乗船。今日の浦安を海上から眺めつつ、「里海シティうらやす」に繋がる再発見を行うとともに、「里海シティうらやす」のイメージを構想します。
横山 清美
(浦安水辺の会事務局長)
各講師
7 24929日(土)
13:00~14:30
【講義5】民俗学者として描きたい「里海シティうらやす」
各地の里海に伝えられてきた祭りの意義を紹介していただきながら、「里海うらやすの鎮守の杜」構想なども含め、「里海シティうらやす」としての人びとの生活のあり方について講義・課題提示をしていただき、討議します。
関沢 まゆみ
(国立歴史民俗博物館教授)
8 24106日(土)
15:00~16:30
【講義6】「里海としてのうらやす」の原形と歴史的変遷
うらやすの原点ともいえる「里海」の歴史・生活文化についてお話をいただくとともに、「里海シティうらやす」を構想する視点を提示していただき、討議します。
浦安市郷土博物館学芸員
9 241013日(土)
13:00~14:30
【講義7】建築家として描きたい「里海シティうらやす
風土の特質を活かした建築を志向されている講師から、「里海シティ」としての理想的な街づくりの姿・あり方について講義・課題提示をしていただき、討議します。
栗生 明
(千葉大学教授)
10 15:00~16:30 【演習3】「里海シティうらやす」の実像の検討1
受講生が構想する「里海シティうらやす」のイメージを提示し、その個々について建築家の視点から意見交換を行い、イメージの具象化を図ります。
栗生 明
(千葉大学教授)
11 241027日(土)
13:00~14:30
【講義8】都市プランナーとして描きたい「里海シティうらやす」
生活空間デザインの意義と方法に関するさまざまな具体例、ならびに、「里海シティうらやす」の実像を構想する方法・課題提示をしていただき、討議します。
柘植 喜治
(千葉大学教授)
12 15:00~16:30 【演習4】「里海シティうらやす」の実像の検討1
受講生が構想する「里海シティうらやす」のイメージを提示し、その個々について都市プランニングの視点から意見交換を行い、イメージの具象化を図ります。
柘植 喜治
(千葉大学教授)
13 241117日(土)
13:00~14:30
【講義9】親水プランナーとして描きたい「里海シティうらやす
都市における海辺・川辺に関するさまざまな研究・実践を行ってきた講師から、「里海シティうらやす」における親水のあり方について課題提起をしていただき、討議します。
大澤 浩一
(ニデア主宰・所長)
14 15:00~16:30 【演習5】「里海シティうらやす」の実像の検討2
講師とともに海辺・川辺を歩きながら、受講生が構想する「里海シティうらやす」のイメージを提示し、その個々について親水プランニングの視点から意見交換を行い、イメージの具象化を図ります。
大澤 浩一
(ニデア主宰・所長)
うらやすの里海シティを創る会
15 24121日(土)
13:00~14:30
【講義10】社区プランナーとして描きたい「里海シティうらやす」
台湾における社区総体営造(共同体的地域づくり)の主導者の1人を講師として招き、住民の主導による「里海シティうらやす」づくりにかかわる課題提起をしていただき、討議します。
黄世輝
(台湾・雲林科技大学教授)
16 15:00~16:30 【演習6】「里海シティうらやす」の実像の検討3
受講生が構想する「里海シティうらやす」のイメージを提示し、その個々について共同体的地域づくりの視点から意見交換を行い、イメージの具象化を図ります。
黄世輝
(台湾・雲林科技大学教授)
うらやすの里海シティを創る会
17 241215日(土)
13:00~14:30
【ブレインストーミング1】「里海シティうらやす」のイメージ展開1
これまでの講義・課題提示・実像検討等を踏まえ、多面的角度から「里海シティうらやす」の具体的イメージについて検討し、未来に伝えたい「里海シティうらやす」の姿を具体的に構想し、討議します。
宮崎 清
(千葉大学名誉教授)
西田 直海
(Drops 主宰)
うらやすの里海シティを創る会
18 15:00~16:30 【ブレインストーミング2】「里海シティうらやす」のイメージ展開2
これまでの講義・課題提示・実像検討等を踏まえ、多面的角度から「里海シティうらやす」の具体的イメージについて検討し、未来に伝えたい「里海シティうらやす」の姿を具体的に構想します。
宮崎 清
(千葉大学名誉教授)
西田 直海
(Drops 主宰)
うらやすの里海シティを創る会
19 25119日(土)
13:00~14:30
【発表】【ブレインストーミング3】「里海シティうらやす」のイメージ展開3
ブレーンストーミング1および2を踏まえ、未来に伝え構想したい「里海シティうらやす」の姿を可能な限り可視的に構想・発表する方法を検討、討議します。
宮崎 清
(千葉大学名誉教授)
西田 直海
(Drops 主宰)
うらやすの里海シティを創る会
20 25223日(土)
13:00~14:30
【発表】【総合討論】「里海シティうらやす」
未来に伝え繋げたい「里海シティうらやす」の具体的イメージをパワーポイント(PPT)などによって表現・発表していただき、総合的検討・討議を行うとともに、その実現に向けてのプロセスを検討します。
宮崎 清
(千葉大学名誉教授)
西田 直海
(Drops 主宰)
うらやすの里海シティを創る会
備考(ex.受講費用、必要備品など)
  • 「里海シティうらやす」は、海浜都市うらやすの姿を市民の視線から構想し、関係機関・行政と協働して具現化していく、実践的プロジェクトです。
  • 初めてご参加いただく受講生、大歓迎です。新たな夢をさまざまに広げてまいりましょう。
  • この講座を受講される方は、浦安各地を巡るなどして、「里海シティうらやす」のイメージを構想してください。
  • この講座では、授業の進展に応じ、国内外の「里海」に関する現地研修旅行(有志参加)を計画します。
  • 最終回に先立ち、パワーポイント(PPT)制作の特別講習会を行います。
  • この講座では、浦安における各種事業に積極的に参画し、授業の成果を広く浦安市民に向けて発表し「里海シティうらやす」の市民への浸透を図ります。
  • この講座では、必要に応じ、千葉大学や明海大学の学生・大学院生有志たちとのコラボレーションも検討します。
  • この講座では、授業の進行・展開過程を記録にとどめるべく、『里海シティうらやす』を編纂します。
  • 科目の一部内容・スケジュール等は変更になる場合があります。

科目番号【1201-11】

うらやす街の園芸実践講座

コーディネーター
賀来 宏和(園芸プロデューサー/千葉大学大学院客員教授)
講義の概要
うらやす市民大学では過去1年半にわたり「園芸」を通じて浦安の幸せ社会づくりの勉強を進めてきました。昨年の大震災では浦安も大きな被害を被りましたが、東北地方では花や緑でこころをいやし、復興に向けて人々の絆をつくる様々な試みもスタートしています。
今年度は、「うらやす街の園芸実践講座」と題して、園芸を通じたまちづくりを実際に体験します。新しく受講される方もいらっしゃると思いますので、一部これまでの講座の復習になると思いますが、浦安を四季に花の咲く魅力ある街にしていくための第一歩にしたいと考えます。

定員:25

日 程 内 容 担当講師
1 24618日(月)
15:00~16:30
園芸と幸せ社会の実践 賀来 宏和
(千葉大学大学院客員教授)
2 2472日(月)
15:00~16:30
基礎の園芸学(花を育てる基礎知識) 濱田 豊
(園芸研究家)
3 24717日(火)
15:00~16:30
日本人の園芸文化から園芸の美をさぐる 賀来 宏和
(千葉大学大学院客員教授)
4 24730日(月)
半日(予定)
植物と環境条件(植物生産の最先端)
(植物工場の見学等を含めて)
古在 豊樹
(うらやす市民大学学長/千葉大学環境健康フィールド科学センター客員教授)
5 24820日(月)
15:00~16:30
都市を飾る(ハンギングバスケットの楽しみ方) 山口 まり
(園芸研究家)
6 2493日(月)
15:00~16:30
ベランダや屋上での植物の楽しみ方 永瀬 彩子
(千葉大学園芸学部助教)
7 24918日(火)
半日
実践講座その1「秋の花壇づくり」 賀来 宏和
(千葉大学大学院客員教授)
岩花 貞治
室 洋二
栗田 俊男
(園芸指導員)
8 24101日(月)
15:00~16:30
都市の野菜づくり 北条 雅章
(千葉大学環境健康フィールド科学センター准教授)
9 241015日(月)
15:00~16:30
植物へのこだわり(宿根草とバラの使い方) 河合 伸志
(育種家)
10 241029日(月)
一日
アウトドア講座その1「花のテーマ施設を見る」(フラワーパーク等) 賀来 宏和
(千葉大学大学院客員教授)
河合 伸志
(育種家)
11 241112日(月)
半日
実践講座その2「冬の花壇に向けて」 賀来 宏和
(千葉大学大学院客員教授)
岩花 貞治
室 洋二
栗田 俊男
(園芸指導員)
12 241126日(月)
15:00~16:30
ハンディキャップを持つ人の園芸(多肉植物を使って) 賀来 宏和
(千葉大学大学院客員教授)
小田 充人
(園芸研究家&介護福祉士)
13 241210日(月)
半日
アウトドア講座その2「花で人を呼ぶ(イクスピアリなどの事例から)」 中山 好央
(オリエンタルランド)
14 25115日(火)
半日
実践講座その3「春花壇の種をまく」 賀来 宏和
(千葉大学大学院客員教授)
小田 充人
(園芸研究家&介護福祉士)
15 25128日(月)
15:00~16:30
福祉的な園芸の応用と課題 野田 勝二
(千葉大学環境健康フィールド科学センター助教)
16 25212日(火)
一日
アウトドア講座その3「市民園芸活動の実践例を訪ねて」 賀来 宏和
(千葉大学大学院客員教授)
山田 哲也
(ガーデナー)
17 25225日(月)
15:00~16:30
春花壇の設計 賀来 宏和
(千葉大学大学院客員教授)
山田 哲也
(ガーデナー)
18 2534日(月)
半日
実践講座その4「植物の植え方や育て方」 濱田 豊
(園芸研究家)
19 25318日(月)
半日
実践講座その5「花壇の植え付けの準備(地ごしらえなど)」
(近隣の公園等における実践活動)
賀来 宏和
(千葉大学大学院客員教授)
岩花 貞治
室 洋二
栗田 俊男
(園芸指導員)
20 25325日(月)
半日
実践講座その6「春花壇づくり」
(近隣の公園等における実践活動)
賀来 宏和
(千葉大学大学院客員教授)
岩花 貞治
室 洋二
栗田 俊男
(園芸指導員)
備考(ex.受講費用、必要備品など)
  • 今年については実践講座が6回あります。この日は屋外での植え付け作業などを伴いますので汚れてもよい服装や靴などを着用するほか、軍手をご持参ください。
  • アウトドア講座の見学会については、バスの手配や施設の休園日などにより日程が変更になる可能性があります。行程は1日もしくは半日になっていますが、原則として途中からの参加や退席は不可能ですので、ご了承ください。
  • 今回の講座では実践講座やアウトドア講座を中心に半日もしくは1日の講座が多数用意されています。日程及び時間にご注意ください。

科目番号【1201-12】

うらやすに住みがいのある街を創る

コーディネーター
阪本 一郎(うらやす市民大学副学長/明海大学不動産学部教授)
講義の概要
浦安は、多くの人には住みたい街であり、住み続けている人には住みがいを持ち得る街でした。昨年3月11日の地震は、水準に達した基盤整備に支えられてとりわけ環境の良さを誇ってきた中町と新町から、その誇りを奪ってしまった、そのように感じている人も居ることでしょう。この授業では、浦安の抱えている将来の課題を解決し、さらに魅力的で力強い街をつくる、それが復興であるとの認識を持って、提案を試みたいと思います。提案のテーマは学生同士の議論の中で練り上げていきます。
提案することを通じて街づくりの総合的な性格を知るとともに、伝えること、聴くこと、議論すること、そして多様なメンバーとグループ作業を行うことを実践し、浦安の街づくりの担い手としての資質を高めます。
授業は本授業経験者と初めての履修者が協力して進めますが、市役所職員や市民など適切な講師を適宜依頼するとともに現地見学などを通じた学習も予定しています。

定員:25

日 程 内 容 担当講師
1 24919日(水)
13:00~14:30
授業のガイダンス
本授業経験者による街づくり課題の報告を通じて、初めての履修者に、授業の内容や取り組む姿勢などの授業イメージを持ってもらうガイダンスとします。
阪本 一郎
(明海大学不動産学部教授
2 15:00~16:30
3 24103日(水)
12:30~17:00
見学
都市は多様な地域から成っています。見学を通じて多様な地域の実態と課題を学びます。
阪本 一郎
(明海大学不動産学部教授
4
5 241017日(水)
13:00~14:30
地域の街づくり課題を考える
受講生は浦安市民としての体験を通じて、街に対するさまざまな問題意識を持っています。意見交換を通じて、街づくりの課題を考えます。
阪本 一郎
(明海大学不動産学部教授
6 15:00~16:30
7 241031日(水)
13:00~14:30
地域の課題を検討する(1)
グループ毎の課題報告を素材として議論を行い、課題の明確化を図ります。
阪本 一郎
(明海大学不動産学部教授
8 15:00~16:30
9 241114日(水)
13:00~14:30
地域の取り組みを知る
課題について浦安市等の取り組みを検討し、さらに不足しているものは何かを考えます。
阪本 一郎
(明海大学不動産学部教授
10 15:00~16:30
11 241128日(水)
13:00~14:30
地域の課題を検討する(2)
課題の重要性の伝え方を検討し、報告と意見交換を行います。
阪本 一郎
(明海大学不動産学部教授
12 15:00~16:30
13 241212日(水)
13:00~14:30
課題解決の方法を検討する
課題の解決に役立つと思われる方法を比較検討し、関連する知識を学びます。
阪本 一郎
(明海大学不動産学部教授
14 15:00~16:30
15 25116日(水)
13:00~14:30
課題解決の提案をかたちにする
課題解決の方法を一つ取り上げて、具体的なかたちにします。
阪本 一郎
(明海大学不動産学部教授
16 15:00~16:30
17 25130日(水)
13:00~14:30
提案を吟味する
街づくりの案について、市民の共感を得られるかという観点から、内容の説得性を高めるための検討を行うとともに、その実現方法についても検討します。
阪本 一郎
(明海大学不動産学部教授
18 15:00~16:30
19 25213日(水)
13:00~14:30
街づくりを提案する
街づくり提案を人々にわかりやすい表現にして、成果として発表します。
阪本 一郎
(明海大学不動産学部教授
20 15:00~16:30
備考(ex.受講費用、必要備品など)
  • 科目の内容・スケジュール等は変更になる場合があります。各回の内容はグループの作業進度によって変更されます。
  • テーマは授業の中で定めていくため、あらかじめ依頼はできませんが、テーマにふさわしい市民や市役所職員等適切な方に適宜講師を依頼する予定です。
  • 見学および市街地実習の際には外を歩く服装等を準備してください。
  • デジカメ、USB メモリーをお持ちの方は持参してください。

科目番号【1201-13】

うらやすの防災を考える

コーディネーター
細川 顕司(防災アドバイザー)
講義の概要
昨年の東日本大震災では浦安市でも液状化により大きな被害が発生しました。2004年に国が「南関東直下地震」の発生確率は30年以内に70パーセントと公表しましたが、それは"まだ遠い先のこと"と思っていた人が多かったのではないでしょうか。それが、最近、首都直下地震の発生確率が「4年以内に70パーセント」という報道もあり、首都圏では緊迫した雰囲気が漂っています。
大地震の発生が迫っていると言われるいま、昨今の被災地で何が起きていたのかを知り、そこから「うらやすの防災」を共に考えてみたいと思います。

定員:25

日 程 内 容 担当講師
1 24621日(木)
13:00~14:30
オリエンテーション
共に学ぶ学生に簡単に自己紹介をしてもらい、授業の目指すところを伝えます。
細川 顕司
(防災アドバイザー)
2 15:00~16:30 被災地の実態を知る(1) =座学
1995年の阪神・淡路大震災の被災地で何が起きていたのか?
細川 顕司
(防災アドバイザー)
3 2475日(木)
13:00~14:30
被災地の実態を知る(2)=座学
2004年の新潟県中越地震の被災地で何が起きていたのか?
細川 顕司
(防災アドバイザー)
4 15:00~16:30 被災地の実態を知る(3)=座学
2007年の能登半島地震と新潟県中越沖地震の被災地で何が起きていたのか?
細川 顕司
(防災アドバイザー)
5 24719日(木)
13:00~14:30
放射線・放射能って何?(1)=座学
福島県の原発事故で関心が高まった放射線と放射能について基本的なことを学びます。
掛布 智久
(日本科学技術振興財団)
6 15:00~16:30 放射線・放射能って何?(2)=実験
実験をとおして放射線を自らの目で確認します。
掛布 智久
(日本科学技術振興財団)
7 249月上旬 防災訓練の参加=実技
浦安市主催の防災訓練に参加し、地震発生時の初動体制及び関係機関の連携を学びます。
浦安市防災課
細川 顕司
(防災アドバイザー)
8 249月上旬 防災訓練に参加して=フリートーキング
訓練に参加して何を感じたか、地域での訓練の手法等について話し合います。
浦安市防災課
細川 顕司
(防災アドバイザー)
9 24913日(木)
13:00~14:30
防災体験=実技(1)
東京消防庁本所防災館で地震、煙、消火、暴風雨、応急手当等のコーナーを体験します。
場所本所防災館
細川 顕司
(防災アドバイザー)
10 15:00~16:30 防災体験=実技(1)
東京消防庁本所防災館で地震、煙、消火、暴風雨、応急手当等のコーナーを体験します。
場所本所防災館
細川 顕司
(防災アドバイザー)
11 24927日(木)
13:00~14:30
浦安市と防災(1) =座学
3.11で被災した浦安市の復旧・復興計画について学びます。
浦安市市長公室
12 15:00~16:30 浦安市と防災(2) =座学
「浦安市地域防災計画」の見直しと、浦安市の防災対策について学びます。
浦安市防災課
13 241011日(木)
10:00~11:30
自衛隊の視察(1)=実践
災害時に救援活動で活躍する自衛隊の体制や装備品等について学びます。
場所陸上自衛隊習志野駐屯地
陸上自衛隊第1空挺団
浦安市危機管理監
浦安市防災課
14 13:00~14:30 自衛隊の視察(2)=実践
災害時に救援活動で活躍する自衛隊の体制や装備品等について学びます。
場所陸上自衛隊習志野駐屯地
陸上自衛隊第1空挺団
浦安市危機管理監
浦安市防災課
15 241025日(木)
13:00~14:30
避難所(1)=座学
災害時に開設される避難所とは?そこでどんなことが起きるのか?
細川 顕司
(防災アドバイザー)
16 15:00~16:30 避難所(2)=ワークショップ
避難所で起きる様々な課題について、その解決策をみんなで考えてみます。
細川 顕司
(防災アドバイザー)
17 24118日(木)
13:00~14:30
一日前プロジェクト=発表
内閣府の運動に沿って事前にレポートを提出してもらい、それを発表します。
伊藤 めぐみ
(東京海上日動リスクコンサルティング)
18 15:00~16:30 一日前プロジェクト=フリートーキング
前段の発表を受け、講師を交えて話し合います。
伊藤 めぐみ
(東京海上日動リスクコンサルティング)
19 241122日(木)
13:00~14:30
これからの減災を考える=座学
地域の防災活動に積極的に関わっていくために必要とされる要素を学びます。
細川 顕司
(防災アドバイザー)
20 15:00~16:30 講座を受講して=フリートーキング
講座で学んだことを地域の中で実践していく方策、その可能性について語り合います。
浦安市危機管理監
浦安市防災課
細川 顕司
(防災アドバイザー)
備考(ex.受講費用、必要備品など)
  • 「実技」では動きやすい服装で参加してください。
  • 「座学」も楽な服装で構いません。
  • 第9・10回および第13・14回は校外学習を予定しています。
  • 科目の内容、スケジュール等は変更になる場合があります。特に、災害等が発生した場合は、急遽の変更もあり得ます。

科目番号【1201-14】

地球に優しいうらやすの環境を守り創る
─ 自然との共生を大切にするうらやすを築こう ─

コーディネーター
山本 忠(千葉大学名誉教授)
講義の概要
地球温暖化や放射能汚染など現在の環境問題は、私達の日常生活・事業活動が原因となっています。
そこで、本授業ではその現状を理解し、環境に配慮した行動を実践してゆけるよう環境に関する諸問題を幅広く学びます。また、現在の環境問題は、次世代を担う子や孫の代まで深刻な影響を残しつつあるため、この問題に深い理解と解決に向けての行動が出来る人材を養成することも求められています。環境の知識の取得とともに浦安の環境保全を実践できるよう、グループに分かれ、環境行動計画の作成を目指します。

定員:25

日 程 内 容 担当講師
1 24619日(火)
13:00~14:30
ガイダンス
環境問題を学ぶ意義、目的について述べると共に、前回授業の改善点を加えた授業全体を概観します。
各講義の講師の先生の紹介をし、各受講生がグループに分かれて行う環境行動計画について説明しま す。
山本 忠
(千葉大学名誉教授)
2 15:00~16:30 浦安の環境①
市全体の大気、水、生態系、騒音などの浦安市の現状と市の施策などを学びます。
浦安市都市環境部
3 2471日(日)
8:30~12:30
浦安市民活動団体の実例から学ぶ
三番瀬の自然を守る活動を行っている市民活動団体の発足経緯や活動内容、そして、三番瀬の自然について学びます。
横山 清美
(浦安水辺の会事務局長)
今井 学
(浦安三番瀬を大切にする会代表)
松岡 好美
(浦安自然まるごと探検隊代表)
4 24710日(火)
12:00~16:30
エネルギー利用の先進的な取り組み見学
地域のなかでエネルギー利用を最適化する先進的な取り組みの見学などを通して、省エネ、創エネ、蓄エネなどの技術活用について学びます。
場所東京ガス株式会社
山本 忠
(千葉大学名誉教授)
5 24724日(火)
9:30~17:00
浦安の環境②
家庭から排出されたごみや汚水の処理工程見学などを通して、廃棄物の現状と市の施策を学びます。現在の豊かで、便利な暮らしは、大量の廃棄物を伴うことを理解します。
江戸川第二終末処理場職員
浦安市ごみゼロ課
浦安市クリーンセンター
浦安市ビーナスプラザ
6 2494日(火)
13:00~14:30
環境型社会
大量生産と大量消費を見直すため、廃棄物の量を減らすなど、環境型社会の取り組みを学びます。各人が出来ることを無理なく行動に移すことや取り組む方法を学びます。
井上 健治
(千葉県環境学習アドバイザー/環境省3R 推進マイスター)
7 24911日(火)
13:00~14:30
環境学習をみんなで考える①
互いに協力することを体験する課題解決実習を通して、環境問題の解決に向けての考え方や環境学習を学びます。
浦安市環境保全課
8 24918日(火)
13:00~14:30
環境学習をみんなで考える②
今まで学んできた知識や考え方を参加者同士で意見交換し、グループとしての環境問題に対する共通認識を図ります。
浦安市環境保全課
9 24925日(火)
13:00~14:30
環境学習をみんなで考える③
環境保全につながる消費行動について学べる参加型環境学習を体験します。
浦安市環境保全課
10 24102日(火)
13:00~14:30
環境にやさしい行動を持続するには
環境にやさしい行動に必要なネットワークつくりやそのノウハウ、環境学習について学びます。
内野 英哲
(千葉県地球温暖化防止活動推進員)
11 24109日(火)
13:00~14:30
放射線と原子力
放射線の基礎的な性質をのべ、原子力発電の原理的な解説をします。
久下 謙一
(千葉大学大学院教授)
12 241016日(火)
13:00~14:30
放射線の基礎と人体に与える影響
健康に過ごすために、内部被ばくと外部被ばくの計算方法を学び、放射線被ばくのリスクについて考えます。
石井 伸昌
(放射線医学総合研究所放射線防護研究センター主任研究員)
13 241023日(火)
13:00~14:30
食品中の放射能濃度と自由討論
食品中の放射性物質と、放射能との付き合い方について受講生同士で意見を交わします。
山本 忠
(千葉大学名誉教授)
14 24116日(火)
13:00~14:30
環境リスク
大気や水などに関連した様々な環境問題について、その原因も調べ安心・安全な生活を送るための方策を、一緒に考えてみたい。また、簡単な実験も試みます。
小熊 幸一
(千葉大学名誉教授)
15 241113日(火)
13:00~14:30
地球温暖化、気象と海洋の異変
CO2の増加によって世界規模で起こっている酷暑、旱魃、氷河の融解、サンゴの白化、海面上昇、海水の酸性化、台風の巨大化、温暖化のメカニズムなどについて学びます。
山本 忠
(千葉大学名誉教授)
16 241120日(火)
13:00~14:30
地球温暖化、食料と水の問題
稲・小麦の高温障害、食料自給率、フードマイレージ、道の駅、漁場の移動、バーチャル・ウオーター、食品ロスなどについて解説します。
山本 忠
(千葉大学名誉教授)
17 241127日(火)
13:00~14:30
生物多様性と地球環境
生命の絶滅が急速に進んでいる現状と、それを保全する方法、名古屋議定書、ラムサール条約、食物連鎖などについて学びます。
中野 實
(千葉大学名誉教授)
18 24124日(火)
13:00~14:30
資源・エネルギーと経済
現代社会を支える大量のエネルギー・資源とその環境影響を、量、時間軸、経済性を考慮して、正しく認識した上で、多様な再生可能エネルギーを含む21 世紀のエネルギー戦略を考えます。
御園生 誠
(東京大学名誉教授)
19 241218日(火)
13:00~14:30
自治体・民間・企業での環境保全活動
利用可能な自然エネルギーの種類と利用上の問題点、自治体・民間・企業の省エネ、環境保全の実例を紹介しその手法を学びます。
山本 忠
(千葉大学名誉教授)
20 25122日(火)
13:00~14:30
自由討論
環境行動計画発表に向けての質問や相談を通して、計画のブラッシュアップを図ります。
山本 忠
(千葉大学名誉教授)
21 25216日(土)
13:00~16:00
環境行動計画発表、修了式
各グループの環境行動計画を発表します。また、その後修了式を行います。
山本 忠
(千葉大学名誉教授)
備考(ex.受講費用、必要備品など)
  • 科目の一部内容・スケジュール等は変更になる場合があります。

科目番号【1201-15】

うらやすの高齢化社会を考え、一人ひとりが実践する
― 私の居場所「うらやす」を目指して ―

コーディネーター
岩室 紳也(公益社団法人 地域医療振興協会 ヘルスプロモーション研究センター)
講義の概要
浦安市民に限らず日本全国で「高齢化社会の到来」に向き合うことが求められています。あなたは自分自身が年を重ねた時、どのような状況で、どこに住み、そして最期を迎えたいのかということを考えたことがありますか。正直なところ考えたくないという人も少なくありません。何を隠そう、コーディネーターの岩室紳也もそのように思う一人でした。
しかし、現実から目をそらすわけにはいきません。では、このうらやすで一人ひとりが、その人なりに生き甲斐を感じつつ、心安らかに暮らすにはどうすればいいのでしょうか。うらやすがあなたの「居場所」となるにはどうすればいいのかを皆さんと共に考える講座です。

定員:25

日 程 内 容 担当講師
1 24618日(月)
13:00~14:30
オリエンテーション
誰もが必要とする「居場所」とは ヘルスプロモーションとは
岩室 紳也
(公益社団法人 地域医療振興協会 ヘルスプロモーション研究センター長)
2 2479日(月)
13:00~14:30
2011年の学び
2011年の市民大学での学び 2012年の講座に求められていること
岩室 紳也
(公益社団法人 地域医療振興協会 ヘルスプロモーション研究センター長)
2011年受講生
3 23730日(月)
13:00~14:30
こころのケアとは
できていること これから求められること
岩室 紳也
(公益社団法人 地域医療振興協会 ヘルスプロモーション研究センター長)
浦安市健康増進課
4 24827日(月)
13:00~14:30
高齢者を支える地域の資源①
みんなが「知る」ためには
岩室 紳也
(公益社団法人 地域医療振興協会 ヘルスプロモーション研究センター長)
浦安市猫実地域包括支援センター
5 24924日(月)
13:00~14:30
高齢者を支える地域の資源②
みんなが「知る」ためには
岩室 紳也
(公益社団法人 地域医療振興協会 ヘルスプロモーション研究センター長)
浦安市社会福祉協議会
6 241022日(月)
13:00~14:30
ボランティア
こんなボランティアがあります こんなボランティアが欲しいな
岩室 紳也
(公益社団法人 地域医療振興協会 ヘルスプロモーション研究センター長)
浦安介護予防アカデミア
7 241112日(月)
13:00~14:30
浦安市の社会資源マップづくり(その1)
まずは作ってみよう
岩室 紳也
(公益社団法人 地域医療振興協会 ヘルスプロモーション研究センター長)
8 241210日(月)
13:00~14:30
浦安市の社会資源マップづくり(その2)
本当に使われるか どう周知するか
岩室 紳也
(公益社団法人 地域医療振興協会 ヘルスプロモーション研究センター長)
9 2517日(月)
13:00~14:30
浦安市の社会資源マップづくり(その3)
使ってもらった結果評価会
岩室 紳也
(公益社団法人 地域医療振興協会 ヘルスプロモーション研究センター長)
10 25128日(月)
13:00~14:30
浦安市のここがすごい、ここが弱い ~いま、私ができていること~ 岩室 紳也
(公益社団法人 地域医療振興協会 ヘルスプロモーション研究センター長)
11 25218日(月)
13:00~14:30
浦安市のここがすごい、ここが弱い ~今後、私に求められていること~ 岩室 紳也
(公益社団法人 地域医療振興協会 ヘルスプロモーション研究センター長)
12 25318日(月)
13:00~14:30
浦安市のここがすごい、ここが弱い ~今年度の評価、次年度のプラン~ 岩室 紳也
(公益社団法人 地域医療振興協会 ヘルスプロモーション研究センター長)
備考(ex.受講費用、必要備品など)
  • この講座では「情報の共有」と「継続性」を重視しています。「情報の共有」のため、パソコンやスマートフォン、携帯を活用したメーリングリストでの情報共有を行います。必須ではありませんが、これまでインターネットにあまりなじみがない方は、この講座をきっかけに少しでもインターネットを活用してください。
  • 上記の授業以外に「うらやすの市民参加・協働を考える」科目とのコラボ授業を開催します。詳細は30ページをご覧ください。
  • 科目の一部内容・スケジュール等は変更になる場合があります。

科目番号【1201-16】

うらやすの市民参加・協働を考える
― あなたの参加分野を見つけよう ―

コーディネーター
関谷 昇(千葉大学法経学部准教授)
講義の概要
地域の諸問題を的確に把握し、その解決に向けて市民と行政が連携して取り組む「協働」を理解するとともに、市民参加・市民活動の意義と可能性について探ることを目的とする授業です。
市民活動、地域コミュニティ、行政の仕組みの基本的な理解から始まり、協働の現状、事例紹介や活動体験を通じて、その意義と課題について理解を深めていき、これから市民活動・協働を実践していくための知恵と技術を学びます。
様々な地域課題を現場に即して理解し、自分にできることから地域に貢献できるようになることを目指します。

定員:25

日 程 内 容 担当講師
1 24621日(木)
10:00~11:30
市民参加・市民活動・協働とは何か①
少子高齢社会や市民社会・地域社会の現実に着目し、市民参加・市民活動・協働とは何かを学びます。
関谷 昇
(千葉大学准教授)
2 24628日(木)
10:00~11:30
市民参加・市民活動・協働とは何か②
国と地方の関係は変化しており、自治体行政の現状と課題、転換期に直面する行政を学びながら、行政にとっての協働とは何かを学びます。
関谷 昇
(千葉大学准教授)
3 2475日(木)
10:00~11:30
市民参加・市民活動・協働とは何か③
市民社会の歴史と思想、地域課題の現状と課題、転換期に直面する市民社会を学びながら、市民にとっての協働とは何かを学びます。
関谷 昇
(千葉大学准教授)
4 24712日(木)
10:00~11:30
市民参加・市民活動・協働とは何か④
ボランティア活動と市民活動の違いは何か、NPOの立ち上げ方や活動実態など、社会貢献活動の基礎知識を学びます。
牧野 昌子
(NPO 法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ代表理事)
5 24719日(木)
10:00~11:30
協働を育む環境整備 ~市の取り組み
まちづくりの担い手育成から市民活動団体の育成支援、協働を推進していくための市の取り組みと課題などを学びます。
関谷 昇
(千葉大学准教授)
浦安市協働推進課
6 24726日(木)
10:00~11:30
市民活動・協働事業の事例紹介
市内で活躍している市民活動団体と市との協働事業を展開している団体の事例紹介から、市民活動事業・協働事業の効果などを学びます。
牧野 昌子
(NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ代表理事)
市内市民活動団体(4団体)
7 249月上旬
随時
【実習】市民活動・協働事業の活動体験
市内で活躍している市民活動団体と市との協働事業を展開している団体の事業を体験し、市民活動事業・協働事業を内側から探ります。
市内市民活動団体(4団体)
浦安市協働推進課
8 24913日(木)
10:00~11:30
市民活動・協働事業の体験報告
体験の報告と体験から学んだことなどを発表します。
牧野 昌子
(NPO 法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ代表理事)
9 24920日(木)
一日
先進地視察
市民活動及び協働事例の先進地を視察します。
浦安市協働推進課
10 24927日(木)
10:00~11:30
行政事業の協働的検討 ~復興・創生から見た協働
浦安の復興・創生に向け、市民・地域コミュニティ、市民活動団体、行政がそれぞれの責任と役割により、市民協働で取り組んで行く必要があります。
「浦安市復興計画」を行政担当課と協働的観点から検証します。
関谷 昇
(千葉大学准教授)
浦安市市長公室
11 24104日(木)
10:00~11:30
12 241011日(木)
10:00~11:30
グループ別ワークショップ①
前回の講義を踏まえ、グループに分かれてテーマの選定を行います。
関谷 昇
(千葉大学准教授)
浦安市市長公室
13 241018日(木)
10:00~11:30
グループ別ワークショップ②③
行政担当職員と共に、「市民と行政との協働に関するあり方」を討論します。
関谷 昇
(千葉大学准教授)
浦安市協働推進課
浦安市職員
14 241025日(木)
10:00~11:30
15 24111日(木)
10:00~11:30
グループ別ワークショップ④⑤⑥
これまでの議論を踏まえ、「自分たちで出来ること・行政と協働で行うことが効果的なものは何か」「浦安に相応しい協働とは何か」をグループで話し合います。また、必要な情報収集は、関係機関へのヒアリング等を行います。
関谷 昇
(千葉大学准教授)
16 24118日(木)
10:00~11:30
17 241122日(木)
10:00~11:30
18 24126日(木)
10:00~11:30
地域課題の解決に向けて ~実践に向けて~
今後に向けた実践の可能性を探りながら、これまでの学習を全体的にまとめます。
関谷 昇
(千葉大学准教授)
19 241213日(木)
10:00~11:30
20 241220日(木)
10:00~11:30
備考(ex.受講費用、必要備品など)
  • 科目の一部内容・スケジュール等は変更になる場合があります。

科目番号【1201-17】

うらやすに介護のいらない健康社会を創る
― 浦安市介護予防リーダー養成講座 ―

コーディネーター
大渕 修一(東京都健康長寿医療センタ-研究所 研究副部長)
講義の概要
介護予防に関する研究成果の学習、必要な技術の実習、地域活動への主体的な参加体験、地域における介護予防についての問題点の抽出等を通じて、介護予防リーダーに必要な知識技術を学ぶ機会を提供します。

定員:25

日 程 内 容 担当講師
1 2495日(水)
14:00~16:00
【講義】オリエンテーション
受講生同士で講座に参加した想いを共有します。介護予防リーダー養成講座の趣旨と意義を理解し、講座への参加同意を確認します。
大渕 修一
(東京都健康長寿医療センタ-研究所 研究副部長)
2 24912日(水)
14:00~16:00
【講義】介護予防と老年学
介護予防のターゲットである『老年症候群』を理解し、地域における主体的な介護予防の取組の重要性を確認します。
河合 恒
(東京都健康長寿医療センタ-研究所 研究員)
3 24919日(水)
14:00~16:00
【講義】【実習】介護予防に必要な運動学
介護予防のプログラムの1つである運動器の機能向上に関して、必要な運動学、解剖学、運動療法などの知識を習得します。
場所文化会館大会議室
新井 武志
(東京都健康長寿医療センタ-研究所 研究員)
4 24926日(水)
14:00~16:00
【講義】【実習】老年症候群の早期発見
介護予防のターゲットである老年症候群の特徴を理解し、早期発見の手段である「おたっしゃ21」を学習し、体力の具体的な測定方法・実技を通して習得します。
光武 誠吾
(東京都健康長寿医療センタ-研究所 研究員)
5 24103日(水)
14:00~16:00
【講義】口腔機能の向上
口腔機能向上サービスを提供することができるように、低栄養、むせ、食べものがのどにつまる、口臭など口腔機能の低下を予防するポイントを理解します。
関口 晴子
(東京都健康長寿医療センタ-研究所 研究員)
6 241010日(水)
14:00~16:00
【講義】【実習】浦安の介護予防の現状
自治体が行っている介護予防の取組について理解します。浦安市の介護予防における地域の現状を理解します。
浦安市猫実地域包括支援センター
浦安介護予防アカデミア
7 241023日(火)
14:00~16:00
介護予防地域資源調査報告
受講者が在住する地域の概要や地域包括支援センターの活動状況などを実地調査し、介護予防リーダーに求められる活動などを報告します。
大渕 修一
(東京都健康長寿医療センタ-研究所 研究副部長)
光武 誠吾
(東京都健康長寿医療センタ-研究所 研究員)
8 241031日(水)
14:00~16:00
地域の介護予防に関する課題
受講者が在住する地域の概要や資源を調査した上で、地域における介護予防の課題を抽出します。
場所文化会館大会議室
大渕 修一
(東京都健康長寿医療センタ-研究所 研究副部長)
光武 誠吾
(東京都健康長寿医療センタ-研究所 研究員)
9 24117日(水)
14:00~16:00
【講義】介護予防ネットワーク構築・実践論
地域行政における介護予防の取組みを考え、地域で期待されている活動を知ります。さらに、活動グループの立ち上げやその活性化への支援について考えます。
伊藤 登
(東京の介護予防を進める高齢者の会 副代表)
浦安介護予防アカデミア
10 2411月中 【実習】介護予防活動見学
浦安市内外における介護予防自主活動グループの実習を通してリーダーの役割を理解します。また、地域間の情報交換ができるようにします。
※第7回の講義の際に日程をお伝えします。
東京都健康長寿医療センタ-研究所 研究員
11 2412月中 【指導】修了論文作成
これまでの講座の内容を踏まえ、介護予防リーダーとして活躍していくための課題を整理し、集大成としての修了論文を作成します。
東京都健康長寿医療センタ-研究所 研究員
12 2519日(水)
14:00~16:00
修了論文発表方法と練習
修了論文発表に向け、発表する内容のポイントを整理し、時間内に発表できるように練習します。
光武 誠吾
(東京都健康長寿医療センタ-研究所 研究員)
13 25123日(水)
14:00~16:00
論文発表・修了式
作成した修了論文を発表し、今後の活動計画について意見交換を行います。課程を修了した方に修了証書を授与します。
東京都健康長寿医療センタ-研究所 研究員
備考(ex.受講費用、必要備品など)
  • 必要備品:筆記用具
  • 科目の一部内容・スケジュール等は変更する場合があります。
  • 見学実習の時間に関しては、実習地によって異なります。また、見学実習地への交通費は自己負担となります。
page top
入学をお考えの方
募集要項
お問い合わせ
うらやす市民大学
〒279-0011
浦安市美浜3丁目15番1号
047-351-4811
(8:30~17:00 土・日・祝祭日を除く)
047-351-4812
うらやす市民大学 事務局
E-mail